Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8choumenoizuminto.blog.fc2.com/tb.php/39-72383faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

単行本感想『もうダメかもしれない』

今回はかにかま先生の作品『もうダメかもしれない』の感想です。
343.jpg


KIRARA MENUは588
かにかま先生の初単行本です。
全1巻ですが、連載途中で終わってしまったため実際は1.5巻です。
なお、最終回は収録されておりません。

主人公でお嬢様である桜井のん世界を征服しようと企んでおり、その気持ちに切り替えるためにとある小学校へ転校する所から物語は始まります。

しかし、転校したクラスにいた委員長にその世界征服のことがバレてしまい、そこからのんちゃんと委員長との絡みが始まります。

読んでいてまず最初に感じたのはやはり、
委員長のやること1つ1つがやばすぎる
ということですね。

どうやばいかというと、
・虫が鬱陶しいので虫のいる所を爆破する
・学校の花壇で火薬を育ててる
・裁縫でクオリティの高すぎる鳥を作ってる
等々・・・

パッと見ではそんなことをやるような娘には見えないのがなんともいえませんね。
そして腹が立つと目がかっぴらくのでさらに怖さが・・・

344.jpg

これにはのんちゃんも恐れてしまいますが(他のクラスメイトも委員長は恐ろしいと思っている)そんなのんちゃんも委員長をギャフンと言わせたくお嬢様ならではの力を使ったりしますが世間知らずでおバカなのんちゃんはいつも上手くいかないのです。
そういったのんちゃんの行動をコミカルに描かれているのもこの作品の特徴ですね。個人的には笑ってしまった所も多々ありました。

改めて一言いっておきますが、
のんちゃんも委員長も小学生です。
こんなの小学生のやることじゃないよ!?ってツッコミを入れたくなるはずです。(特に委員長に関して)

また、のんちゃんのSPであるつなよしもこの作品では良い仕事をしています。
のんちゃんに色々させられて苦労をしている姿には笑いどころか少し泣けてきたりします。

また物語の中盤から山上さんというのんちゃんや委員長とはうって変わって何の変哲のない普通な転校生がのんちゃん達のクラスにやって来るのですが、そのクラスの担任(その担任もやる気がなく特徴的です)に『山下』さんと紹介されたり、いきなりのんちゃんから暗殺者扱いされたり、この娘もなかなかの不憫キャラです。
まぁそれだけにこのキャラに関しては個人的に大好きなんですが、なにせ中盤以降の登場だったのでもう少し出番が欲しかったなぁと思う所だったりします。

と、このようにこの作品も他の作品に負けず劣らずの個性あふれるキャラがいるなと思いました。

個人的にお気に入りのエピソードはのんちゃんが委員長の弱みを探り、トマトで委員長に対抗する第2話『トマトで大作戦なのだ!』と山上さんが転校してくる第8話『転校生がやってきたのだ!』です。
第2話は委員長もですがのんちゃん、そしてSPのつなよしの凄さがトマトを通じてよく分かる話ですし、この話を読んでいると頭にトマトが浮かんでくるような、そんな話です。表紙ののんちゃんがトマトに乗っているのはおそらく第2話の影響からだと思いますね。
また、第8話では山上さん初登場の回ということで他の話に比べて山上さんがよくいじられていた回だったと思います。

この単行本が発売されてもう2年半くらいになろうとはしていますが、今読み返しても笑ってしまう話ばかりだなぁと改めて思った所でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8choumenoizuminto.blog.fc2.com/tb.php/39-72383faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

岩崎いずみ

Author:岩崎いずみ
まんがタイムきらら系とまんが4コマぱれっと定期購読中。
その他萌え4コマを中心に読んでる人間です。
他の4コマも勉強中。
あと、音MADも大好きです。
画像はバイドさんに描いてもらいました。
よろしくお願いします。

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。