Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C34] お久しぶりデス!!(←カレンの真似でゴメンナサイ:久世橋先生の虎モードは御勘弁を~)

きんいろモザイクTV漫画版が第Ⅱ期も大好評だったので、わかばガールまでTV化……にはちょっと驚きましたが……。
メインが一人足りないけれども、忍と若葉、陽子と直、カレンと真魚……と、似ているところや違いを比較しながら見ると楽しい作品ですよねぇ……。

(紅玉的には、勇姉さんより柔らかな性格の若葉のお姉さんがもっと登場して欲しかったデス……)
  • 2015-07-14 23:14
  • 紅玉国光(富山市)
  • URL
  • 編集

[C35] コメント返信

ご無沙汰しております、コメントありがとうございます。
そうですね、同作者の作品かつ雰囲気も少しではありますが似ている部分もありますので比較してみると面白いものがあると思います。

確かに若葉ちゃんのお姉さんはもう少し出ても良かったかもしれませんね(笑)
  • 2015-08-07 22:48
  • 岩崎いずみ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8choumenoizuminto.blog.fc2.com/tb.php/66-e7275581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

単行本感想『わかば*ガール』

岩崎いずみです。今回の単行本感想はつい最近アニメ第2期が放送終了した『きんいろモザイク』でお馴染みの原悠衣先生『わかば*ガール』です。
来週からいよいよ10分アニメという形でアニメ化もする作品でもあります。
500.jpg

501.jpg

KIRARA MENUは863
全1巻
単行本は2013年10月26日と今から約1年8ヶ月前に発売されました。
時の流れってやっぱり早いなぁ・・・。
そもそもこの作品は『まんがタイムきらら』系列で連載されていた作品ではなく2010年に創作工房で『乙女通信』というアンソロジーで連載していた作品なようです。
しかし、休刊となったためにずっと未完だった作品になっていました。
それを芳文社がコミックスという形で1つの本にしたという普段ではなかなか見られないような歴史を持つ作品です。
そもそも創作工房だの『乙女通信』だのこの作品を知るまで存在すら知りませんでした。



『水蓮女学院』というお嬢様学校に第1志望をしていたお嬢様女子高生小橋若葉、しかし『頭が悪かった』という理由で第1志望のお嬢様学校ではなく普通の高校に入学してきます。憧れているものが『ギャルみたいな今時の女子高生』(普通の女子高生)という彼女と、同じクラスメートの時田萌子黒川真魚真柴直と共に時にほんわかと時にドタバタと流れていく女子高生ライフを描いたもの・・・というのがこの作品のあらすじですね。



ここでメインキャラの紹介を軽くしておきますと、
小橋若葉(こはしわかば)・・・第1志望のお嬢様学校に入れず普通の高校に入学してきたお嬢様女子高生。お嬢様ということもあって世間のことをそこまで知らなかったりする。天然でほんわかした性格。憧れているのは『ギャルみたいな今時の女子高生』。この作品の主人公。
時田萌子(ときたもえこ)・・・若葉と似てほんわかした性格ではあるものの突っ込む時は突っ込む常識人。ふわふわした髪が特徴。またTVゲームをやったことがない。
黒川真魚(くろかわまお)・・・元気いっぱいでテンションが高く、><な目ではしゃぐこともしばしば。
真柴直(ましばなお)・・・一見クールな容姿だが、オタクでBLが好きな腐女子。またボクっ娘で胸も大きくメガネをかけている。

っといった所です。どのキャラも可愛いのは勿論、1人1人個性満載だと感じました。



個人的に1番好きなキャラは主人公の若葉ちゃんですね。
お嬢様な事もあり今時の普通の女子高生なら知っていて当然なものや普通にしている事が彼女には驚きの連続だったり新鮮な事だったりします。
そして彼女の行動は時折私達読者の予想の斜め上をいってたりします

502.jpg

503.jpg

悪気はないのですが学校の帰りの寄り道で若葉ちゃんが行きたい所に行こうと提案した萌子ちゃん達に対し日本や海外の有名なお菓子屋さんの資料を持ってきたり、携帯電話ではなく家の電話の子機を持ってきたりと思わず『おぃ!』と突っ込みたくなりますね。
でもそこがいいんですね!
読んでいて突っ込みを入れつつも『ここはこうだと教えたいなぁ・・・。』と自分が若葉ちゃんの所にいたら色々優しく教えたくなる気持ちになりました。

504.jpg

505.jpg

またお茶を飲んだり鮭のおにぎりを買ってきてドヤ顔する女子高生なんてなかなかいませんよね。そこがまた普通では見られない新鮮な気持ちになりました。

506.jpg

507.jpg

そして寄り道を誘っただけで泣いちゃったりアイスに目を輝かしている若葉ちゃんがまた純粋に感動していて可愛かったですね・・・!

にしても悪気はないのに普通ではやらないような行動をして困らせちゃうキャラってどこか他の作品にもありましたね・・・、

508.jpg

そうです、『きんいろモザイク』鬼畜こけしこと大宮忍(シノ)です。
私自身きんモザではシノカレン穂乃花が特に好きなキャラなのでそういう点でもビビッときたのかもしれません。
若葉ちゃんとシノは色々性格や行動に通じる部分があるのでシノが好きな人は若葉ちゃんも好きになるんじゃないかなぁと感じました。

509.jpg

510.jpg

また、若葉ちゃん達4人はみんな仲が良い関係ですが真魚ちゃんがよく直ちゃんにつっかかってそれに直ちゃんが突っ込み返すというシーンをよく見かけたので特に真魚ちゃんと直ちゃんの関係はより強いものがあるかなと感じました。

511.jpg

なお、真魚ちゃんはきんモザでいうカレンに性格が結構似ていると思います。

512.jpg

因みに『わかば*ガール』の後書きにはきんモザからアリスが地味に登場してたりしています。可愛いなぁ、アリス。




513.jpg

どの話も面白かったのですが、個人的にお気に入りの話は最終話ですね。
転勤の話を聞いてしまった若葉ちゃんがショックで部屋から出てこなくなったのを心配した萌子ちゃん達が若葉ちゃんの家を訪ねる話です。
結果的に引っ越すのは若葉ちゃんではなく若葉ちゃんの父親という事が判明し、若葉ちゃんの勘違いだったことが分かるのですが、高校1年生の春(第1話)から築きあげてきた若葉ちゃん達の友情の大きさ、仲の良さというのをこの話を読んで改めて実感しましたね。
凄く心が温まった話だと思いました。



そして終盤なんですが・・・、

514.jpg

この笑顔ですよ。
いやー本当たまらないです。
もともと私は笑顔フェチなんですが(最近は照れ顔赤面フェチにもなりつつあります)、その笑顔フェチになったきっかけが実は原先生が『まんがタイムきらら』100号記念に別冊付録の『まんがタイムきららいちまるまる』で描いたこちらなんですね。

515.jpg

なんというか、ありがとうございました!
これに出会ってなかったらおそらく今も笑顔の良さに気付かなかったんじゃないかなって思いますね。

またこの『わかば*ガール』の中表紙ですが、

516.jpg

笑顔が眩しいんじゃ!
いやもう、見た瞬間このお嬢様は天使か!と思いましたし実際声が出ましたからね、しかもカラーですし。
『きんいろモザイク』においてもこの作品においても、読んでいて原先生は笑顔が大好きなんだなって感じました。
なんというか、ありがとうございました!(2回目)

また、カバーには原先生のこんなコメントが。

517.jpg

うん、同感。
やっぱり女子高生達とかが織り成す学園生活を描いた作品とか読むの面白いんですよねぇ。女子高万歳!最高!




表紙は若葉ちゃん達4人の可愛らしいカラーイラスト、裏表紙はデフォルメチックな若葉ちゃんが描かれていてシンプルで可愛らしさ満載な表紙、裏表紙だったと思います。

518.jpg

また、カバー裏の表紙にはチアガール姿の若葉ちゃんと萌子ちゃんが。
元気いっぱいの若葉ちゃんも良いですが、><な目をしている萌子ちゃんも可愛いですね。
そしてこの\おまけ/である。

519.jpg

カバー裏の裏表紙はおまけ4コマ
ここからでも作品の雰囲気というのが色々分かると思いますね。
そして若葉ちゃんにとってのギャルの存在って・・・これ憧れだよね?(笑)
思わず突っ込みを入れたくなりました。



さてこの『わかば*ガール』、総ページ数が90ページと普段のKRコミックスに比べて薄いんですね。
この90ページの中に若葉ちゃん達の高校1年生の四季がぎっしり詰まっているので、読んでしまうと『え?もう夏?』『え?もう冬?』と向こうは決して急かしているわけではないとは思いますが作品の時間の流れが妙に早く感じる事がありました。
個人的にはそこにちょっとした違和感を感じましたが、1つの本にするという上ではそこは仕方がなかったのかなとも感じました。
因みに普段のKRコミックスに比べて薄いこともあって値段も600円台と求めやすくなってます。



『きんいろモザイク』と同じ作者の作品ということできんモザからこの作品を知って読む人が多いとは思いますが、読んでみるときんモザより百合成分は少し控えめ、ギャグ成分は強めといった感じでした。
それでも、きんモザと同じく女の子達がキャッキャしたりしている仲の良い所や女の子達の友情というのを盛り沢山に詰まった作品だと思いますのできんモザから知った人でも十分楽しめる作品だと思います。
因みに『わかば*ガール』の画風はきんモザの2巻3巻辺りと同じかなと。
ただきんモザ1巻~5巻を読んでもそこまで画風は変わってないかなとは個人的には思います。
勿論、きんモザという作品を知らない、原先生の作品を読んだことがないという人も仲の良い女の子達が織り成す時にゆるゆる時にドタバタした学校生活を楽しみたい!それに癒されたい!という人には是非オススメしたい作品です。

来週からはこの作品のアニメも始まるということで、注目度も上がってきていると思います。
そして何より、
動く若葉ちゃん達が見れるのが楽しみです!
待ち遠しいですね。

520.jpg

ゆるふわお嬢様女子高生とその仲間達が織り成すゆるゆるドタバタ学生生活を覗いてみませんか?



P.S.
本日は『まんがタイムきららフェスタ!2015』ですね。去年はライブに行けず物販だけ行った私ですが今年はライブに行けることになりました。
今回紹介した『わかば*ガール』だけでなく『きんいろモザイク』『ご注文はうさぎですか?』『幸腹グラフィティ』『がっこうぐらし!』『城下町のダンデライオン』といった最近アニメ化されたきらら作品が大集合するイベントですね。
去年のライブがどんなだったのかいまいち知らないだけに期待ですね。
楽しんでいきたいと思います。

そして、昨日27日は『きんいろモザイク』6巻の発売日でしたね!
買いに行かなくては。
スポンサーサイト

コメント

[C34] お久しぶりデス!!(←カレンの真似でゴメンナサイ:久世橋先生の虎モードは御勘弁を~)

きんいろモザイクTV漫画版が第Ⅱ期も大好評だったので、わかばガールまでTV化……にはちょっと驚きましたが……。
メインが一人足りないけれども、忍と若葉、陽子と直、カレンと真魚……と、似ているところや違いを比較しながら見ると楽しい作品ですよねぇ……。

(紅玉的には、勇姉さんより柔らかな性格の若葉のお姉さんがもっと登場して欲しかったデス……)
  • 2015-07-14 23:14
  • 紅玉国光(富山市)
  • URL
  • 編集

[C35] コメント返信

ご無沙汰しております、コメントありがとうございます。
そうですね、同作者の作品かつ雰囲気も少しではありますが似ている部分もありますので比較してみると面白いものがあると思います。

確かに若葉ちゃんのお姉さんはもう少し出ても良かったかもしれませんね(笑)
  • 2015-08-07 22:48
  • 岩崎いずみ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8choumenoizuminto.blog.fc2.com/tb.php/66-e7275581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

岩崎いずみ

Author:岩崎いずみ
まんがタイムきらら系とまんが4コマぱれっと定期購読中。
その他萌え4コマを中心に読んでる人間です。
他の4コマも勉強中。
あと、音MADも大好きです。
画像はバイドさんに描いてもらいました。
よろしくお願いします。

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。