Entries

単行本感想『だいたいこんなンで?』

岩崎いずみです。
さて今回の感想は永深ゆう先生『だいたいこんなンで?』です。
537.jpg

全2巻。
KIRARA MENUは1巻が976、2巻が1097
以前レビューを書いた『ひとより××(ちょめちょめ)』が終了した次に『まんがタイムきららキャラット』にて連載された作品です。



高校1年生の三枝穂紀は昔から近所で幼馴染の高校2年生の花谷明子に同じ部活に入ろうと誘われ、即答で入ることに。
しかし連れられてきた部室は不気味、そしてその部活は依頼を受ければ学校の困り事を何でも代わりにやる『代替部』という聞いたこともない部活。
芹沢こかげ佐竹篠芽といった他の個性的なメンバーに最初は嫌々だった穂紀だが行動を共にしているうちに代替部に溶け込んでいく。
・・・というのがこの作品のあらすじです。



ここでキャラの紹介をすると・・・
三枝穂紀(さえぐさほのり)・・・高校1年生、この作品の主人公であり代替部のツッコミ役兼常識人。ヒーロー物が大好きで中学時代はヒーロー物のお面を被って不良生徒を次々と倒し学校を支配した過去を持つ。また、中学時代まで黒髪だった。胸が小さい事をコンプレックスにしていてパッドを入れて見栄を張っている。4月3日生まれ。
花谷明子(はなたにめいこ)・・・高校2年生、穂紀の幼馴染で『代替部』部長。馬鹿でウザったい部分もあるが明るく、そしてかなりのドMキャラ。身長は小さいが胸は割と大きめ。3月30日生まれ。
芹沢こかげ(せりざわこかげ)・・・高校1年生、穂紀のクラスメイトで『代替部』メンバー。骨のヘアピンをつけ少々不気味なオーラを放つ。かなりの人見知りかつ人が苦手で普段は空気のように目立たないが、『代替部』のメンバーに限っては先輩だろうが容赦ない発言や行動をする。実は穂紀と友達になりたいがために明子を使って穂紀を『代替部』に入部させた張本人。9月6日生まれ。
佐竹篠芽(さたけしののめ)・・・高校2年生、グラマラスなボディの持ち主の『代替部』のメンバー。いつも食べ物の事を考えているかなりの食いしん坊キャラでだらしないが色々こなせる。またバイトもやっている。12月3日生まれ。

・・・と前作『ひとより××(ちょめちょめ)』と同じくらいに個性的なキャラが揃っています。
他にも穂紀の友人で明子以上に活発で全くと言っていいほど恥じらいを持たない水泳部所属の黒木華恋(くろきはなこ)、こかげの姉で『代替部』の創設者、そして重度のシスコン芹沢ひなた(せりざわひなた)というサブキャラもいます。




538.jpg

そんな独特なキャラが勢揃いのこの作品ですが、個人的にお気に入りなのは明子ちゃんですね。

539.jpg

先述したようなとびきり元気がよくそして馬鹿な所がある彼女ですがそんな所が見ていて面白く、間違いなくこの作品の良いボケ要員だと感じました。

540.jpg

541.jpg

そしてこのドM体質である。
踏まれて喜んでいる所や放置プレイでゾクゾクしている所とか見るとかなりハイレベルですねこれは・・・。
他の色んな作品にもドM体質のキャラというのはいますが、この明子ちゃんのドMっぷりもなかなかに強烈だと思います。

あとは『代替部』のメンバー、特に近所で幼馴染の穂紀ちゃんとの絡みですね。
どの話においてもですが、ボケとツッコミのテンポがすごく良いんですね。
というか、穂紀ちゃんがそもそもツッコミ役として優秀なのも1つあるのだと思います。
ともあれ、穂紀ちゃんと明子ちゃんは凄く良いコンビだと感じました。

542.jpg

にしても、
この図だとどっちが先輩だか分からんぞ・・・?!
一応明子ちゃんは『代替部』の部長なんですがね。

543.jpg

また、9割型食べることしか考えていない篠芽さんも他の作品ではあまり見られないようなキャラで彼女もまたお気に入りです。
かなりぐうたらしてますがやる時はやるキャラでそして何より自由奔放な所が良いですね。グッときました。
あとグラマラスボディですし。

544.jpg

にしても穂紀ちゃんやこかげちゃんが入部するまではこの2年生組の2人が『代替部』のメンバーだったわけですから、この2人の対応となればある種ツッコミ不在の恐怖みたいな所がありますね・・・(笑)
ただ凄くほんわかしてそう。そこもまた良い・・・!



1巻では『代替部』メンバーやその周りの紹介を兼ねた話だったり『代替部』のメンバーがカラオケに行く話が載っており、また2巻ではプールの話だったり合宿の話だったり文化祭の話が載っています。2巻の方が行事の話多めって感じですね。

個人的に1巻では明子ちゃんの友達の妹であるあゆちゃんを『代替部』のみんなで預かる第7話、2巻では『代替部』のみんなで夏休みに合宿にいく第17話第18話が特に印象に残っています。

第1巻の方は話の流れから『ライガーごっこ』(ヒーローごっこ)をする事になったあゆちゃんと『代替部』メンバーでしたが、ここで穂紀ちゃんのヒーロー物の好きっぷりが炸裂していて、普段とは違う穂紀ちゃんが見れて面白かったですね。

545.jpg

そしてこのあゆちゃんの発言である。
時折見せたこういう発言に本当に5才児か!とツッコミを入れたくなりましたねw

546.jpg

そして、第2巻の方は2話構成ということもあってとても濃い合宿回だったと思いました。
しかも単なる合宿ではなくバスを間違えて一晩山奥で過ごしてしまうというサバイバル合宿(本当は明子ちゃんの企み)。

547.jpg

ただサバイバルといっても明子ちゃんの用意周到な所とかあったりと『これってサバイバルかよっ!』とひとつひとつツッコミを入れざるを得ないようなシーンばかりで面白かったです。
ともあれドタバタしている合宿の話を描けていたと思いましたね。
水着のサービスシーンも眼福眼福・・・。

また、第1巻では2013年のマチ★アソビ限定小冊子の4コマや『まんがタイムきららキャラット』第100号の告知サイトである『カウントダウン100』、第100号記念小冊子『Carat etc.』の4コマも収録していましたがそちらも面白かったです。
この時読めなかったとか、もう1度読み直したい人にも優しい配慮でしたね。
そして第1巻は最初の話(第1話)で穂紀ちゃんに入部させようと仕掛けた作戦を第1巻最後のこかげちゃんの入部の話(第13話)で詳しく出していたのがまた上手かったですね。
『あぁ、成る程こうだったのか・・・!』と読んでて感じました。

548.jpg

他にも明子ちゃんが体調を崩してしまう話(第24話)、穂紀ちゃんとこかげちゃんの中学時代の話(第25話)、穂紀ちゃんが1人で代替部の仕事を抱えて悩んでしまった話(第26(最終)話)は面白さだけでなく心がほろっとくるような、そんなちょっと感動する部分もありましたね。
特に第24話は明子ちゃんが『代替部』部長なんだと改めて感じさせてくれる話でしたし。
ともあれ面白いエピソードはたくさんありましたね。




549.jpg

ここで購入時の特典を紹介。どちらもとらのあなです。
こちらは第1巻

水着姿で恥らってるこかげちゃんの表情が堪らないですね。
最近では笑顔だけでなくこういった顔を赤らめている表情も好きになってきました。
因みに『代替部』メンバーには容赦ないこかげちゃんも人前ではかなり恥ずかしがっちゃう所は素晴らしいと思いますし、『こういうギャップが堪らないんだ!』と思う人は絶対いると思いました、はい。
にしてもこかげちゃん、良い体型してますね・・・。

550.jpg

そして第2巻
陸上のユニフォームを着た穂紀ちゃんですね。
うん、
腋とへそがもうやばいですな。良いエロさ。
永深先生ありがとうございました・・・!
因みにですが、最初穂紀ちゃんを見た時は外見が胸が控えめになった『ゆゆ式』の唯ちゃんにそれとなく似ていると感じましたね。

どちらも素敵なイラストカードでした。



1巻はロッカーと人体骨格模型(コッカ君という名前が付けられています)を背景にしたいかにも不気味なオーラが出ている(帯の影響でさらに出ている感じもありますね)こかげちゃんが表紙。
2巻はライガーのお面をつけて決めてる穂紀ちゃんが表紙。
後ろのホワイトボードの影響もあって\バーン/というSEが聞こえてきそうです。

551.jpg

また、裏表紙は1巻は明子ちゃん、2巻は篠芽さんが担当。そして1巻も2巻もあらすじが載っています。表紙裏表紙と一応この作品の主要キャラ4人に1人ずつ出番はあったということですね。

552.jpg

553.jpg

そしてカバー裏は1巻は作中登場したヒーロー物『邪面ライガー』のおまけ漫画と全貌、2巻は作中に登場した『代替部』のポスターと明子ちゃんの部屋にあったぬいぐるみの紹介。
おまけ要素としてどれも面白かったですが特に2巻の表紙のポスターは本当『全校生徒が戻した!』というインパクトが強すぎて笑ってしまいますね。
というか、ツッコミどころが本当に多いですこのポスター。


また、単行本の話と話の間には各キャラのプロフィールが。
誕生日や身長、血液型と様々な好きなものや嫌いなものが載ってます。
主要キャラ4人にはもちろんついてるのですが、

554.jpg

まさか人体骨格模型のコッカ君にまでついてるとは思いませんでしたよ。
まぁ、こういう細かい設定というのは個人的に好きですね。もっとやって欲しいです。



555.jpg

556.jpg

中表紙は1巻が上半身、2巻が下半身と繋がっているのには『あ、ナイスだな』と感じましたね。

557.jpg

558.jpg

あとがきは1巻は描き下ろしの女子高生のふとももを取り上げたイラスト、2巻は描き下ろしの女子高生のタイツを取り上げたイラストです。
ん~堪らない・・・!
そして見たと同時に愛を感じましたし、何より着眼点が凄いと感じました。



559.jpg

560.jpg

1巻の裏の帯に
『かわいいだけじゃちょっとだけもの足りないので、ギャグ色気を増してみたらだいたいこんな感じの4コマ漫画になりました。』
と書いてありますが
えぇ、まさにその通りですね。
キャラ達の絡みによるボケとツッコミのテンポ、そして主に篠芽さんの影響で可愛さもありながら、前作の『ひとより××(ちょめちょめ)』よりもギャグも色気もパワーアップしていると感じました。
2巻の表の帯に書いているように、依頼内容もくだらないのもあり、クスッとなる話も多いのも良かったです。
『代替部』ということでキャラ達は様々な活動をしていますので、個性的なキャラ達が様々な活動をしてる所をまったり見てみたい、クスッとしたいという人にはオススメしたいですね。
また、2巻の最初の描き下ろしで改めてキャラ達が『代替部』のPR動画撮影ということで自己紹介しているという事で2巻でもすんなり読み入れるような作りにもなっていたのも良かったです。

561.jpg

『代替部』によるだいたいこんな感じでお送りする4コマ漫画を楽しんでみませんか?

だいたいこんなンで? (1) (まんがタイムKRコミックス)
永深 ゆう
芳文社 (2014-08-27)
売り上げランキング: 86,813


だいたいこんなンで? (2) (まんがタイムKRコミックス)
永深 ゆう
芳文社 (2015-07-27)
売り上げランキング: 35,867


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8choumenoizuminto.blog.fc2.com/tb.php/69-82c7de66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

岩崎いずみ

Author:岩崎いずみ
まんがタイムきらら系とまんが4コマぱれっと定期購読中。
その他萌え4コマを中心に読んでる人間です。
他の4コマも勉強中。
あと、音MADも大好きです。
画像はバイドさんに描いてもらいました。
よろしくお願いします。

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR