Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8choumenoizuminto.blog.fc2.com/tb.php/71-71ab7419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

単行本感想『女子大生生活様式』

岩崎いずみです。今回の単行本感想はオゲ先生『女子大生生活様式』です。
562a.jpg

全2巻。
KIRARA MENUは1巻が862、2巻が973
『まんがタイムきらら』にて2012年6月号から2014年8月号まで掲載されていました。

まずこの作品を紹介する前にですが
実はこの作品、2012年6月号から2013年4月号までは掲載時なんとゲスト掲載だったのです。
2013年5月号からは連載という扱いになりましたが、それでもゲストとして掲載されていたのは10回
2桁いってたんですね。
ここで編集部に言いたいのは
ゲスト掲載10回するなら素直に最初の方から連載にしてよ!
ってことですね。
まぁ、諸事情というものもあるのかもしれないので仕方のない部分はあったのかとは思いますが謎ですね。
過去には15回ゲスト掲載したにもかかわらず連載にならず単行本化もされなかった作品もありましたが・・・。



内容は同じアパートの隣同士違う部屋で暮らす女子大生のことねこよねねの3人の女子大生の学園生活を描いたほのぼのコメディ作品。
大学での彼女達の生活だけでなく、彼女達のアパートの暮らしや大学祭、どこかに行ってを楽しんだりしている所も描かれています。
また、1巻の中盤から新しいキャラゆずも加わり物語がさらに賑やかになります。



ここで登場する主要キャラを軽く紹介します。
ことね・・・アパートの201号室に住んでる黒髪ショートヘアーの女子大生。主要キャラの中でも群を抜いてのボケ要員。成績も微妙で講義も他の人のノートを取ったりするのが日常茶飯事な程でぐうたらな感じ。勉強は苦手。それ故に単位もよく落とす。テンションは結構高め。
こよ・・・アパートの202号室に住んでる眼鏡をかけた紺色のロングヘアーの女子大生。クールな性格でほとんど表情を変えない。成績は優秀。何も苦手なものはないように見えて高い所と怖いものが大の苦手。また寂しがり屋である。スタイルが良い。
ねね・・・アパートの203号室に住んでる橙色の髪の二つ編みの女子大生。主要キャラのツッコミ要員(主にことね)。何かと世話を焼く。部屋には実家から持ってきたぬいぐるみが沢山ある。可愛い物には目がなくそれが原因でことね達の想像を超えるような行動をとったり、少しでも気に障るような事を言うとムスっとする。成績は優秀。
ゆず・・・1巻の中盤より登場の薄い桃色のセミロングの女子大生。ことね達の大学のオープンキャンパスに来たものの迷ってしまった時にことね達と初めて出会う。その後、ことね達の大学に入学し、しかも同じ学部(文学部)、同じアパートの101号室に住む事になった。ことね達とは1学年下の後輩。真面目で優しくほんわかした性格でパッと見どっちが先輩なのか分からなくなるくらいにはしっかりしている。しかしサークルの勧誘チラシを部員の目の前で捨てるといった時折抜けた行動をとる。喫茶店でバイトもしている。

・・・といった、個性はあるものの全員普通に女子大生らしい感じのキャラばかりです。

563.jpg

また、主要キャラ全員がバイトや課題という理由でサークルに所属していないというのも特徴ですね。

他にもことね達の友人の佳奈、柚の友人の藤乃もサブキャラとして登場します。



564.jpg

この中でも個人的にお気に入りのキャラといえば、ことねちゃんです。
作中の主要キャラの中での群を抜いてのボケ要員ということで彼女の発言にクスっとなる所が多々あるのが良いですね。

565.jpg

単位を落としてしまった講義に対してもこの姿。いやはやことねの姿が典型的なぐうたら大学生を表してるのが良いですね。
自分の姿を見てるようにも・・・

566.jpg

また、1巻途中から登場したゆずちゃんも個人的にお気に入りキャラです。
大学のオープンキャンパスでことね達と出会い、その後ことね達の大学に入学し後輩になる彼女ですが、仕草等を見ているときちんとした後輩キャラとして描かれているというのが良いですね。

567.jpg

そして、何より真面目でほんわかしていて優しい所が凄く好きです。
こんな所を見ると
こういう後輩欲しいよなぁ~
という気分になってしまいますね!

568.jpg

また、しっかりしているものの抜けた姿を時折見せるのもまた彼女の良い所だと思います。



第1巻ではことねちゃん達3人の学園生活やアパートの生活が描かれていたり、初詣の話やことねちゃん達がゆずちゃんに出会うきっかけになったオープンキャンパスの話等が収録、第2巻ではゆずちゃんが加わった4人の学園生活やアパートの生活、ことねちゃ達が遊園地に行く話や大学の文化祭の話、ことねちゃん達が温泉に行く話が等が収録されています。

第1巻ではことねちゃん達にとっての大学1年生の春から大学2年生の春まで(ゆずちゃんは第1巻の終盤で入学)、第2巻ではことねちゃん達にとっての大学2年生の夏から大学3年生になる直前の春まで(ゆずちゃんにとっては大学1年生の夏から大学2年生になる直前の春まで)が描かれているということになります。

第1巻、第2巻共にイベント事は描かれてはいますが、第2巻の方がイベントが多い印象を受けました。

どの話も面白い話ばかりではありましたが、個人的に印象に残った話といえば第2巻のことねちゃん達が遊園地に行く話でしょうか。

569.jpg

ゆずちゃんが懸賞で当たった4枚の遊園地のチケットで遊園地に行くことになったことねちゃん達がその遊園地で賑やかに楽しんでいる様子を描かれている話で2話構成という大きな話になっています。

遊園地をワイワイと楽しむことねちゃん達を見ていて『可愛いなぁ、楽しんでいるなぁ』と思ったり、自分が遊園地に行った時の事を思い出したり出来るような良い話ではありますが、ここで私として抑えているとしては遊園地を楽しんでいることねちゃん達の中1人だけ表情、反応が違う・・・

570.jpg

571.jpg

そう、こよちゃんの存在です。
高い所と怖いものが大の苦手といっただけに、ジェットコースターやお化け屋敷がある遊園地は彼女にとってはかなりのダメージがあったみたいで、その普段は見せないこよちゃんの反応や行動というのがまた面白かったというかこよちゃんの個性をかなり引き立たせていると思いました。

572.jpg

特に物凄く楽しんでいることねちゃんと良い比較になっているので尚更ですね。
先述したように私はことねちゃんとゆずちゃんが好きではあるのですが、この話に関してはかなり気に入っていますし、こよちゃん好きにとっては間違いなく1、2を争うエピソードになるのではないかなと感じました。



ここで特典をご紹介しておきます。
どちらも特典はとらのあなです。

573.jpg

574.jpg

第1巻の特典は4Pフルカラーリーフレット
表にはことねちゃんとねねちゃんが、裏にはこよちゃんが描かれています。
シンプルなデザインではあるものの可愛い3人が描かれていて良かったです。

575.jpg

そして見開きには水着姿のことねちゃん達3人が描かれています。
肌色多めなイラストに思わず目をかっぴらいてしまいました。
いやはや、サービスしてますわぁ・・・。
そして何より
ことねちゃんってこう見るとなかなかに胸が立派・・・。
いやむしろ3人共ナイススタイルだと思います、はい。

576.jpg

そして第2巻の特典はこよちゃんとゆずちゃんのイラストカードです。
い服を着た2人がまた決まっていますね。
ゆずちゃんは1巻では特典には登場しなかった故にここで出番があって良かったと思います。

ともあれどちらの特典も良い特典でした。そして描き下ろしのことねちゃん達のイラストが可愛い!これに尽きますね。



577.jpg

第1巻の表紙は大学の教室の中でのことねちゃん達3人、そして裏表紙は大学生らしく平日の1日のタイムスケジュールがことねちゃん達のイラストと共に乗せられています。
特に裏表紙のタイムスケジュールがまたこの作品ならではというか、良いアピールになっていると思いますね。

また、第2巻では大学の外でのこよちゃんとねねちゃん、裏表紙ではことねちゃんとゆずちゃんが描かれています。
ことねちゃんとゆずちゃん推しな自分にとっては第2巻裏表紙のイラストはお気に入りですね。
特に目をこすりながら歩いてることねちゃんがことねちゃんらしさたっぷりで素晴らしいと思うんですよね。

第1巻も第2巻も表紙に言えることはやはりキャラだけでなく背景の良さでしょうか。
第1巻は大学の中の教室の様子、第2巻が大学の外の様子が描かれていて、やはり大学生がメインの漫画としての主となる舞台となる『大学』を細かく描いてるのは良かったと思いますし、初めて読む読者にとっても『大学生の話』なんだという印象を上手くつけられるのではないかと感じましたね。

578.jpg

579.jpg

カバー裏は第1巻、第2巻共に描き下ろしおまけ漫画を収録。
第1巻はゆずちゃんも含めたことねちゃん達4人による宝くじ、大金に関する話、第2巻はことねちゃんとねねちゃんによるとある曇り空の時での話です。
どちらもたわいもない会話に和みましたし、特に大金に関する話を上げた第1巻の方はそれぞれのキャラの個性が結構出ている場面も見受けられました。どちらも良いおまけ漫画でしたね。

580.jpg

因みに、単行本の話と話の間にも『閑談』ということで話のちょっとした続きの描き下ろしのおまけ漫画も収録されていますが、その後ことねちゃん達はどうしたのか、どういう会話をしたのかというのが見れるのもGJだと感じました。



今こうして書いている自分自身が大学生ということもあって、今回のこの『女子大生生活様式』という作品は物凄く身近でリアルな作品だったなと感じました。
作中のことねちゃん達の反応だったり行動だったりを見ていると
あ、これ最近同じ事思ったわ。
と思えるような所がちょくちょくありました。
作者のオゲ先生は実は男性なのですが、女子大生の日常を細かく描き表せているのは単純に凄いというかよく見ていたなと感じましたね。(途中までこの作品描いてる人が女性かと思うくらいには・・・。)
また、タイトルがタイトルなだけにこの作品に登場するキャラというのは全員女子大生なわけですが、女子大生に限らず大学生全般にもあるあるだなと思ったり、同感できたりするような所がありましたね。

581.jpg

582.jpg

583.jpg

584.jpg

そして、第1巻や第2巻の単行本の帯もまた良かったように思います。
『大学生になったら、どんな感じ?』とか『大人になる直前、モラトリアム(肉体的には大人ではあるが、社会的義務や責任を課せられない猶予の期間)は4年間。』というのはまさしくこの作品を象徴していると思いますし、この1つのキャッチコピーでグッと引き寄せられる、何気ない女子大生の日常を覗きたくなる感情になる人も少なくないのではないかなと感じました。
因みに裏は第1巻はゆずちゃんが加わる前のことねちゃん達3人の軽い自己紹介、第2巻は作中のコマを散りばめあらすじを軽く紹介しています。

585.jpg

586.jpg

587.jpg

588.jpg

そして、帯の折り返しの所もまた大学生らしい表現を使った一文だなと感じましたね。(特に第2巻の『夏は暑いから、やる気が起きない』とか『冬は寒いから、やる気が起きない。』といった文を見ると『じゃあいつやる気になるんだよ?春か?秋か?』と突っ込みたくなるのはさておいて)

ただ、この作品は先述したようにことねちゃん達が大学3年生(ゆずちゃんは大学2年生)になる直前の春で終わっています。
諸事情というのもあるのかもしれませんが、どうせならことねちゃん達が卒業するまで描いて欲しかったというか、そこまでもっと物語を楽しみたかったです。そう思う読者もいるかもしれませんし、そこが少し惜しい所ですね。

ともあれ、先述したようにこの作品は大学生、いうなら女子大生の何気ない毎日を凄くリアルに、そして身近に感じれる作品なので、今自分自身が大学生な人なら勿論、
大学生、特に女子大生の何気ない日常を読んで感じてみたい、楽しみたい!
という人にはオススメしたいですね。

589.jpg

皆さんもことねちゃん達女子大生の何気ない大学生ライフを覗いてみませんか?

女子大生生活様式 (1) (まんがタイムKRコミックス)
オゲ
芳文社 (2013-10-26)
売り上げランキング: 99,229


女子大生生活様式 (2) (まんがタイムKRコミックス)
オゲ
芳文社 (2014-08-27)
売り上げランキング: 84,529

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8choumenoizuminto.blog.fc2.com/tb.php/71-71ab7419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

岩崎いずみ

Author:岩崎いずみ
まんがタイムきらら系とまんが4コマぱれっと定期購読中。
その他萌え4コマを中心に読んでる人間です。
他の4コマも勉強中。
あと、音MADも大好きです。
画像はバイドさんに描いてもらいました。
よろしくお願いします。

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。